喜多川歌麿は、女性の仕草を描いた。というトピックポイントを持っているが表情とくに目に表情差がなかった。ほぼ同時期、写楽は男性の表情を鮮やかに描いている。
市川蝦蔵を見てみよう。

歌麿が、「女性に表情という個性を認めていない」のに対して、男性の表情は、実に微妙な表情を描き出している。 現在、プロフィール写真の現場では、男性は女性ほど表情を見せない。 無表情でも男性ならば仕方がない。 写真として表現しづらい。という固定観念があるが、 江戸のこの時代、表情に個性がないのはむしろ女性。という固定概念があったように見える。女性の喜怒哀楽が表現されるなど、はるか先にならないとみられないのだ。