キャバクラのボーイが先を読んで仕事することの重要性

キャバクラのボーイは常に先を読んで仕事しないといけない

空気を読めないボーイや、ダラダラ仕事するボーイは上を目指せません。
厳しいようですが、キャストや幹部に「使えないボーイ」と認識されてしまうでしょう。
ボーイはその場を瞬時に判断する能力が求められますが、それよりも大切なことが先を読むスキルです!
色んな業務において先を読み、行動することが「仕事の完璧なボーイ」を目指す上で必要になります。

キャバクラってお店の空気が重要なお店なんです。
キャストとお客さんが楽しく会話するためにも、空気を演出する必要があります!
ところが、ボーイがお構いなしに割って入ると、お店の空気そのものが悪くなります。
会話が途切れて場が気まずくなることもあるでしょう。
そのため、ボーイには先を読んでスマートに仕事をこなすスキルが必要です!

灰皿の交換、トイレのチェックは特に先を読んで!

特に先読みを求められる業務が灰皿などの交換です!
キャバクラの場合、灰皿に吸い殻が1~2本たまった段階で灰皿を交換します。
でも、タイミングを見失ってしまうと中々交換できず、お客さんがタバコを吸っている途中で交換せざるを得なくなります。
しかし、これは失礼に当たるので絶対避けなきゃいけません!
なのでタイミングを読み、合間を見てサッと交換する必要があるんです。
普通なら難しいですが、先読みしておけばベストなタイミングで交換できます!

トイレのチェックも先読みが必要な仕事です!
店内にあるトイレは、お客さんがいつ使うか分からないため、常に利用状況を確認しておかないといけません。
当然待たせてしまうのもNGですが、その都度チェックするのは大変です。
そのため、お客さんの入店時間や席の状況を見つつ、先回りしてトイレを確認するのが一番です!
先にチェックしておけば、いつでもトイレの状況をキャストに伝えられます。
「使えるボーイ」はトイレチェックにも余念がないため、先読みする癖を付けておきましょう!

先を読む能力は店長や経営者になったときにも活きる

世の中には「先手必勝」なんて言葉もありますが、キャバクラで働くボーイも先手必勝です。
もちろんですが、先を読めなくても臨機応変に対応できれば問題ありません。
しかし、マネージャーや店長を目指すのであれば、先を読む力は必須と言ってもいいでしょう!
将来大きな武器になるので、ボーイのうちから養っておくべきです!

先を読む力って、実はキャバクラの店長になっても活きるんですよ。
店長は基本的にお店全体の仕事を担いますから、あらゆる場面で先を読む力が活用します。
逆にタイミングが重要な場面で間違えてしまうと、店長としての能力を疑われてしまいます。
キャストや黒服の信頼も失いかねないので、店長になるなら絶対必要になるスキルです!

ちなみに先を読む力はボーイの段階から学習できます!
例えば上記の灰皿交換やトイレチェックのほかに、付け回しもタイミングが重要な仕事です。
こうした業務を通じて学べますので、どんどん経験して身に付けていきましょう!

先を読めば仕事もスムーズに進む

ボーイは色んな仕事をこなしますが、先を読めるようになれば業務がスムーズに進みます。
効率を上げる結果にも繋がるので、先を読む癖を付け、お店での評価を高めていきましょう!