狩野芳崖と言えば慈母観音 が有名である。 その印象があまりに強い為、狩野芳崖といえば観音様や仙人以外の人物像が 浮かばない人が多いが、女性を描いた傑作がある「れい姫」

この作品は江戸時代までの浮世絵でもなく、油絵の写実とも違う、 写実的な日本画で素晴らしい女性像を描いている。 肌が白く、構図が美しく、華やかな色、  何故、慈母観音ばかりが有名になるかは知らないが、 この作品こそ代表作としたいほど、 女性がこう描かれたい・・今であればこう写されたい。 と思うように 描かれている。